電気の節約@節電

くらしの中で使う電力を極力節約しようという目的で作成したエコなサイトです。環境にもやさしい、家計にもやさしい電気の節約術を紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画停電対策7 省エネモード

計画停電の「原則打ち切り」が決まり、とりあえず一息と言いたいところですが、電力需要がピークになる夏場に向けての電力不足は、まだ、深刻なようです。


15日から運営を再開する東京ディズニーランドの電気使用量は、1日当たり約57万kWh、電気代にすると1ヶ月でなんと約3億3千万円にもなります。


今後、他の会社や企業も、徐々に通常営業を再開することを考えれば、電力不足はまだまだ余談を許さないのではないでしょうか?一人一人の家庭での取り組みが必要不可欠です。


これまで、シリーズで暖房器具、冷蔵庫、照明器具等の節電方法を紹介していきましたが、今日は、家電製品についている「省エネスイッチ」の活用法を紹介します。


「省エネスイッチ」とはズバリ押せば、省エネ=節電になるスイッチなのですから、使わない手はありません。
さて、それではどのようなものに省エネスイッチがついているでしょう?


実は、意外と色々なものについています。
例えばトイレ!ウォシュレットや暖房便座には省エネ切り替えボタンがついているものが多数あります。リモコンの下のほうや、(リモコンの)フタに隠れていて、気が付きにくいですが、新しいタイプのものであれば、ほとんどがこの機能を備えています。


続いて、掃除機!「静音」や「弱」と書かれたボタンがそれに当たります。吸引力は落ちますが、節電効果があります。


さらにテレビです。機種によりますが付いていることがあります。テレビは「光度」を下げると電力が下がりますので、「おやすみ」や「暗」等のボタンも節電効果があります。


続いて洗濯機!洗濯機にはついていないだろうと思いきや、「スピードコース」があるではありませんか!スピードコースで洗濯すると、約60%の節電効果があります。汚れはちゃんと落ちるのか?という疑問をお持ちの方もおられると思いますが、ひどい汚れでなければ、十分綺麗に落としてくれます。


さらにさらに、炊飯器です。「早炊き」というボタンがあります。炊く時間を減らすので、少しですが節電効果があります。


色々な物に、省エネスイッチがついているものですね。皆さんも是非活用してください。


スポンサーサイト

計画停電対策6 ダイナモライトが便利

災害と計画停電により、乾電池が品薄となっているようです。


「パナソニックはこれを受けて、国内で乾電池増産する方針。不足する場合は海外工場からの輸入も検討している。」 電気が使えない状況では、懐中電灯やラジオが重宝するわけで、早く品薄を解消して欲しいものです。


計画停電対策2では充電することで、何度も使用できるニッケル水素電池エネループを紹介しましたが、こちらも品薄ということです。


ダイナモライト

そこで今回は、少し発想を変えて、電池を使わないダイナモライトというものに注目しました。

ダイナモライトとは、自力で充電、点灯ができるライトで、乾電池を必要としません。身近では、自転車についているライトを想像してもらえれば分かりやすいと思います。

節電マニア宅にも、防災用に常備していますが、ハンドルをカチカチと握るだけでしばらくの間点灯することが可能です。


インターネットで(自分用に)探してみたところ、最近ではかなり高性能なものもあるようです。

下記は手回し&ソーラー充電ライトという商品です。


手回しによる手動充電に加えて、ソーラーでも充電でき、機能もライトに加え、FM、AMと携帯電話の充電機能まで備えている優れものです。防災と、停電時に非常に重宝しそうです。

節電マニアも早速注文してみましたので、後日の記事でレビューを書きたいと思います。

計画停電対策4 冷蔵庫と冷凍庫

停電になると、最も困る家電といえば冷蔵庫ではないでしょうか?停電中、冷蔵庫内部の温度を上げないためには、冷蔵庫を開けないのが一番です。やむを得ず冷蔵庫を開けるときは、出来るだけ素早く物を取り出し、開放時間を減らすように気をつけましょう。


さらには、冷蔵庫の扉の内側に取り付け、扉を開けたときに冷気を逃がさないようにする、冷気カーテンという節電グッズもあります。これを使用すれば、停電時以外にも冷蔵庫の電力を飛躍的に節約することが出来ます。

さて、冷凍庫はというと、冷蔵庫よりもさらに厄介です。冷凍庫内の温度が上がってしまうと、凍ったものが溶け出して、大変なことになります。冷凍庫の場合も開けないことはもちろんですが、温度を上げない裏技的な方法があります。


冷凍庫の温度を上げないようにする方法は、とにかく詰め込むということです。クーラーボックスに氷を入れるとき沢山の氷を入れたほうが、解けにくくなるのと同じで、凍った食品どうしが、お互いに冷やし合うことによって冷凍庫の中の温度を下がりにくくします。


空きスペースが多い場合は、アイスノンや、氷袋をいれて、庫内をいっぱいにしておけば、短い停電ならほとんど温度は上がりません。


因みに冷蔵庫の場合は、食品を過度に詰め込むと、無駄な電力がかかるので注意してください。詰め込み効果があるのは、あくまで冷凍庫だけです。そして冷蔵庫も冷凍庫も「とにかく開けない」を心がけましょう!

プロフィール

節電マニア

ブログ主:節電マニア
1979年7月生まれ。兵庫県で出生、現在も兵庫県の姫路界隈に生息。B型で負けず嫌い。
一旦ハマると、極めるまでやり込む!超がつくプラス思考。晴れ男らしい。

個人ブログリンク集

Blo-Lin カテゴリ暮らしと生活 に登録されてます!

生活お役立ちリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。